とまと船

政治経済、ゲーム、ITなど、興味のあることを自分の視点から書いています。

平社員が「エライ人」について考えました

どうもです。

にほんブログ村の登録をして、バナーを貼り付けたら

 

「平社員」

 

という看板がでました!そうです。平社員です。平社員最高です!

 

f:id:tomatobune12341:20170801000900j:plain

 

で、平社員を○○年やってきて、

 

「日本の会社の『エライ人』ってどんなんだろう?」

 

と、考えたことを書いてみようと思います。

 

もちろん「エライ人」も色々いらっしゃいます。

私が関わって来た方々は、みな素晴らしい上司でした。

 

しかしニュースなどを通じて、世の中を見渡しますと、必ずしもそうでないんですね。

 

 ちょっと考えて、その原因は、

 

日本の会社組織は、担当者としての仕事の成果に、

ポストで報いてきた面がある。

 

これだと思いました。

 

上司、マネージャーとしての仕事と、担当者としての仕事って、求められる能力の

種類が異なると思います。「品質の良い製品を開発する仕事」と「人を管理し導いていく仕事」は別物です。

担当者として優秀な人が、上司、マネージャーに向いているとは限りません。

「名選手は名監督とは限らない」という言葉もあります。野球のイチロー選手が監督としても成果を出せるとは限らないんです。もちろん、中には担当者としても、上司としても優秀な人がいるでしょうけどね。

 

さらに言うと、

 

日本の会社組織では、ポストはご褒美である。

 

という側面が強かったのではないでしょうか。

 

係長クラスではまだまだ大変ですが、

課長、部長、さらに役員まで行くと、

 

「逃げ切った」

 

という表現を聞いたことがあります。

どんな不祥事があっても、役員クラスにまで累がおよぶことはほとんどないし、

役員は退職金もしっかりあるので、やめてもセーフ。

 

本気で「会社を良くしていこう」なんて人はスタートアップ時の創業者くらいで、

会社がある程度安定してくると「ご褒美もらって、箔つけて、偉そうにしたい。」

という人が多くなってくるんではないでしょうか?

 

それはそれで、生き物として自然ですけれど、

別に偉くもなんともないなとは思うんです。

 

「エライ人」は「偉くはない」かもしれない。というお話。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ
にほんブログ村