とまと船

政治経済、ゲーム、ITなど、興味のあることを自分の視点から書いています。

書籍:自分の「うつ」を治した精神科医の方法 宮島賢也 著 感想#1

私うつで休職経験があるんですよ。

で、うつの話には興味ありました。本屋さんで目に付いたので、この本↓を買いました。

自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書)

自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書)

 

読んで心に残った点をピックアップして、感想を添えていきます。

1.親子関係が、うつの根本にある

 引用:

うつ病を引き起こす最大の原因は、「親子の関係」にあります。ここがその原点といってもいいでしょう。

「どういう親であるか」、そして「親にどういう育て方をされたか」によって、うつ病になりやすい人が作り出されます。

自分を例に挙げて説明します。僕は、1973(昭和48)年に生まれました。父は大企業のサラリーマンでした。母は有名な女子大を出て、高校の教師をしていましたが、結婚をきっかけに辞め、自宅で英語の塾を開いていました。はっきりしたことはわかりませんが、ふたりは恋愛結婚のようでした。

物心ついてからの記憶では、父と母が仲良くしているのを見たことがありません。父母はケンカをよくしていました。

(略)

 その後、父は仕事一辺倒になり、父と母は直接向き合うことが少なくなり、ケンカも減りました。おそらく、仮面夫婦のような関係になったのでしょう。そして、家庭内では次第に「母と僕が向き合う構図」へと変わっていきました。

(略)

母にとっては「学歴」が、人を評価する基準でした。一流の学校を出た人じゃないと認めません。職業も、大企業のエリート社員とか医師、弁護士など、社会的ステイタスがあるものしか認めません。母は、そういう偏った固定観念にしばられている人でした。

 引用がながくなってしまいました。

これ、個人的には、戦後の高度経済成長からバブルがはじけるまでの一般的な中流家庭の風景だと思います。スポーツ根性論、ジャパンアズナンバーワン、朝鮮戦争ベトナム戦争特需に浮かれて、努力すればいくらでも上に上がれる、やればやるほど給料がでる。

そんな訳なかったというのが、1990年代バブル崩壊~2008年リーマンショック~現代まで延々と続く日本の経済縮小ですわ。バブルが平常でなく、いまの縮小状態が日本の実力。

こういう根性論系中流家庭に生まれた素直な子供が、2000年以降の現代、一斉にうつ病になっていると考えています。鈍い子供や、生まれついてのキカン坊なんかが、親の影響を跳ね除けて元気に生きてる状態だと思います。

2.親のダメ出しが「自己否定感の強い子」をつくる

引用:

うつ病になる人は、特有の考え方をする傾向が顕著ですが、その考え方は、親によってつくられます。"刷り込まれる"といったほうが適切でしょう。

特有のこととして、否定的な考え方をします。

具体的には、

「自分は生きている価値がない。いてもいなくても、どうでもいい存在である」

など、自分を価値のない存在とみなします。

では、どうして自己否定の考え方がつくられるのでしょうか。

僕の場合を例に挙げると、母は「いい成績」「いい学歴」「いい地位」にしか価値を認めない人でした。母は僕に、そうなるように求め、強要しつづけましたが、僕はその望みに沿う自信はありませんでした。

自身はなかったけれど、医学部に合格できました。では、自分に自信がもてるようになったかというと、そうはならなかったのですから、皮肉なものです。

(略)

だから、医師としてやっていくことに自信がもてない自分を、「ダメなヤツだ」と自分で否定してしまいます。また、勉学に励んでいないと、深い罪悪感にとらわれるのです。

そして、そのマイナスの思いは、「生きている価値がない」という、さらなる自己否定へとふくらんでいくのです。

うつの患者さんたちを問診してもわかりますが、みなさん同じように、「自己否定の観念のとりこ」になっています。

「自己否定の観念のとりこ」とあります。私の場合は、「何もしない自分には価値がない」という諦めがベースにある/あった、といった方が近い気がします。

実は、多くの人も同じように、次の観念に縛られているのではないでしょうか?

 

①自分に価値を付け、それを分かってもらえないと、お金を得られない。

②お金を得られないと、生活できない。

③生活できないと、死ぬ、すなわち生きる価値がない。

④お金になる価値を生み出せない人間には価値がない。

 

 私の中にも、いまだ「④お金になる価値を生み出せない人間には価値がない。」がほんの少し、こびりついていますが、実はこれ、自分を苦しくするだけの考えじゃないかと思うようになっています。

だって、お金が稼げなくなった途端、自分に「死刑」を言い渡すなんて、誰のために生きてるんですか?

自分以外の他人に迷惑を掛けないためだけに生きてるんですか?そんなのおかしいよ!なんで楽しもうとしないのか!

 

マインドコントロールなんですよ。日本社会全体にはびこる、そして、親教師学校を通じて植え付けられる、胸糞の悪い毒薬なんです。

 

だって、自分で自分に死を命じるんですよ?毒薬でなくてなんなのでしょうか?

 

こういう社会は変わらなきゃならんと思っています。こうして、小さな場でも叫び続けていきます。

感想はまだ続きます。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平社員(一般社員)へ
にほんブログ村